伊東ニュース

伊東市宇佐美に「伊東市キノコ農園」ができるみたい

投稿日:

> 大阪市に本社があるビルメンテナンス・管理会社「石井創堅」(石井郁宏社長)は19日、伊東市宇佐美の「伊東市キノコ農園」で竣工(しゅんこう)式を開いた。今後、温泉熱を利用した温室内で高級キノコのヒラタケを栽培し、主に首都圏に出荷する。
>
>  同社はこれまで本業の傍ら、三重県四日市市で、キノコブランド「皇しめじ」を栽培し、大手スーパーやデパートに出荷してきた。しかし、大消費地である首都圏に近く、温泉が利用できる新しい拠点を求めて宇佐美を選び、進出したという。栽培面積は、四日市の約10倍に当たる約2600平方メートルで、年間の収量を120トン、約2億円の売り上げを見込んでいる。詳しくは→こちら

 宇佐美のどこら辺にできるのでしょうか。
 
 地熱を利用した産業化が多方面に進むと駅前がシャッター通りになっていれる宇佐美駅周辺が活気づくことに期待します




-伊東ニュース

Copyright© 伊豆・伊東を旅する イトタビ!! , 2019 AllRights Reserved.